地方銀行 お金借りる

地方銀行からお金を借りるメリットやデメリットって何?

 

近年注目されているのが、大手の銀行ではなくて地方銀行にお金を借りる方法です。実はとてもメリットが多いこの方法は大手の銀行で審査に落ちてしまった人に是非とも試して欲しい方法の一つでもあります。

 

地方銀行でお金を借りるメリットとは?

地方銀行のメリットは何といっても大手よりも規模が小さいため、キャッシングのの融通が利くことが最大のメリットでしょう。

 

地方銀行のカードローンの場合、地域密着型の場合が多く住んでいる人や勤務している人に限定している場合が多いため、その地域に住んでいると優遇されやすいのです。さらに地方銀行の口座を持っていて給料振り込みや公共料金の支払いとして使っているとより優遇されやすくなるといいます。その理由として利用歴や貯蓄額を銀行の方で管理できるようになっている為だと言われています。

 

また地方銀行の場合限度額が高いことや、地域ならではのサービスも実はたくさんあるのです。地方銀行の場合、大手と違い、借入時に相談にのってもらうことも出来ます。本当に借り入れても大丈夫なのか心配になってしまうことってありますよね。そういった時に味方になってくれるのはとても嬉しいものです。

 

地方銀行でお金を借りるデメリットとは?

地方銀行のデメリットとしては、即日の借り入れが難しいという点でしょう。どうしても審査までに1週間程時間がかかってしまうこともありますので、時間に余裕がある人向けだと言えます。消費者金融のような無利息期間などはないので借り入れしたら即日から金利がかかってしまうのでそれはデメリットの一つといえるでしょう。

 

地方銀行には、地方ならではの良さがたくさんあります。大手とどちらの口座も作っておくととても便利です。

 

⇒トップページに戻る