お金借りる

お金借りることが怖い人必見!安心して借りれる即日キャッシング【2018】

お金借りる

今月ピンチでどうしてもお金借りる必要があるときってありますよね。

 

でもお金を借りるのが初めてだと怖いという人もいるでしょう。

 

確かに計画性なく借りたり、悪質な所からお金を借りるのは怖いです。

 

でもしっかり計画性をもって借りるのであれば、怖くはありません。また、お金を借りる場所は、悪質な所ではなく、取り立てなどのない安心なところを選べば怖くありません。

 

ココでは、即日お金を貸してくれる安心なところを紹介しています。くれぐれも闇金などには手を出さないようにしてくださいね。

 

即日キャッシングのできる安心なカードローン

アコムの特徴

・50万円までは収入証明が必要ありません。 ・主婦や学生の方でも安定な収入があれば借りれる可能性があります。 ・初めて利用する場合は30日間無利息で。 ・土日祝日でも審査をしてくれます。 ・審査の回答は最短で30分、融資までは最短1時間です。 ・楽天銀行の口座があれば365日24時間振込可能です。

価格 3.0%-18.0%
評価 評価5
融資限度額 1万円〜800万円
アコムの総評

3秒だけの簡単な診断で借入できるかどうかの目安が分かります(正式な審査結果と異なる場合があります)。土日祝日でも対応してもらえるので、急いでいる時に助かります。もちろん大手で安心できますよ。

プロミスの特徴

・カードレスでの契約が可能なので身内にバレにくいです(カードありか無しかを選べます)。 ・審査完了まで最短で30分、融資までは最短で1時間です。 ・三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、最短10秒で24時間振込してもらえます(瞬フリサービス)。 ・初めて利用する場合には30日間無利息で借りることができます(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)。 ・

価格 4.5%-17.8%
評価 評価5
融資限度額 500万円まで
プロミスの総評

プロミスもアコム同様、土日祝日でも対応してくれて融資までが早いです。今日中に借りたい場合には、審査だけは早く依頼しておく必要があります。

SMBCモビットの特徴

・WEB完結で職場への電話連絡が無いのが嬉しい ・郵送物もないのでバレにくい ・14:50までに振込手続きを完了すれば、当日融資もできる(審査結果によっては融資できない場合あり)

価格 3.0%〜18.0%
評価 評価4
融資限度額 800万円まで
SMBCモビットの総評

SMBCモビットは職場にバレたくない人におすすめです。融資限度額が他に比べて高く、申込時の入力項目が少ないのも特徴です。

 

お金借りるな計画的な返済を考えておこう

お金を借りると楽になるので、どんどんお金を借りたくなってしまうものです。人によっては限界まで借りてしまい、返済できなくなってしまいます。そういう印象があってお金を借りるのが怖い印象があると思いますが、実際に返済できなくなるまで借りている人はごく一部です。

 

多くの人が計画的に返済をしています。そうでなければカードローン会社がつぶれてしまいますからね。定期的にCMをやっているのを見かけると思いますが、それはほとんどの人が計画的に返済をしているからです。

 

知人の結婚式が重なったり、急な引越しなどでどうしてもお金が足りない時があると思います。そういう場合にお金を借りることは悪いことではありません。多くの人が一時的にお金をかりて、計画的に返済をしながらやりくりしているので恥ずかしいことでもありません。

 

では簡単にシミュレーションしてみましょう。

 

年率18%で10万円を借りて12ヶ月で返済する場合、1ヶ月あたり9167円の返済になります。

 

24ヶ月の場合には1ヶ月あたり4992円です。

 

このように事前にしっかり計算して返済できるイメージをもっておくことが大切ですね。

 

闇金のような怖い貸金業と安心なカードローンの見分け方

もう一つお金を借りるときに怖いイメージが、闇金ではないでしょうか?あからさまな闇金だけではなく、ソフトな闇金など多くの種類が存在しています。

 

それらの見分けがつきにくいので、知らず知らずのうちに怖い業者にはまってしまうという怖さが確かにあります。

 

そこで闇金のような悪質な会社と安心なカードローンの見分け方をご紹介します。

 

まず簡単に調べる方法として、金融庁への届出がされているかどうかを確認する方法があります。

 

⇒調べる場所はココ

 

ここで業者名を検索してみて、出てこなければ闇金の可能性が非常に高いです。

 

また登録されていたとしても、違法な取り立てや違法な金利で運営している場合には闇金です。

 

【違法な金利】
・10万円未満の元本に対し年20%以上の金利
・10万円〜100万円までの元本に対し年18%
・100万円以上の元本に対し年15%以上の金利

 

これらは闇金に該当します。

 

このように調べることで、闇金にひっかかる可能性を大きく減らすことができます。

 

分からない場合には、当サイトで紹介しているサービスを利用するようにしてください。しっかり調べて載せていますし、CMもやっているような大手ですので、闇金ではなくクリーンな運営をしていることが分かると思います。

 

 

無職など収入がなくてもキャッシングは利用できる?

急にお金が必要になった時に利用しやすいのが、キャッシング・カードローンです。即日融資可能と謳っている会社もたくさんあり、借りやすいイメージがありますが、無職でも利用することはできるのでしょうか。

 

どの会社も、「安定した収入があること」が申し込み条件にあるため、無職の場合は審査に通りません。正社員でなくても、アルバイト・パート・派遣社員などで収入を得ている人は、申し込み条件を満たしています。

 

借入金額が50万円以下なら、収入証明書を提出する必要もなく、融資してもらうことができる会社もあります。また、収入のない主婦でも、安定した収入があれば審査に通る可能性はあります。

 

一方、完全に無職で、全く収入がない場合は、融資対象とはみなされません。逆に、収入がなくても融資可能と謳っている会社は、闇金である可能性が高いため、注意が必要です。キャッシング・カードローンの融資対象から外れてしまっても、お金を借りる方法はあります。キャッシング枠が設定されるクレジットカードを持っていれば、お金を借りることができます。ただし、キャッシング枠が設定されていない場合は、新規で申し込む必要があり、無職の場合はまず審査に通らないです。

 

即日融資や総量規制でいま揉めているのは消費者金融ではなく銀行カードローン

カードローンを利用するときに欠かすことのできない要素の一つに「総量規制」があります。総量規制とは、主に消費者金融を利用するカードローン(消費者金融系カードローン)に対して影響を与える規制です。収入の1/3までしかお金を借りることができないという法律ですが、この規制のおかげで多重債務に陥るリスクを軽減できるといったメリットもあります。

 

銀行系のカードローンでは1/3以上の貸し付けを行っても法律的には問題ないということで、これまで1/3以上の貸し付けが行われてきた状況があります。ただし、やはりそれは多重債務者を多く生むということで最近問題になっており、自主的に1/3以下の貸し付けに抑える銀行も増えています。

 

これに関しては消費者金融系のカードローンではこれまで通り1/3以下の貸し付けのままですので、何か変わるということはありません。

 

キャッシング・カードローンの返済方法

キャッシング・カードローンの返済方法は通常は、一括払いになりますが、一度に支払うのが難しい場合は分けて支払うことができます。分ける方法は分割払いとリボルビング払いがあります。分割払いは、支払い回数を決めて払うのに対し、リボルビング払いは毎月の返済金額を決めて払います。

 

分割払いには2回払いなどのように少ない回数に分割する場合は、利息がかからないこともありますが、それ以外は利息がかかります。家電製品が壊れるなど急に高額が必要になったが手持ちの現金がない場合に使えます。金額にもよりますが、リボルビング払いは、毎月の支払額は減らせますが、通常、長期にわたって支払を続けないといけないので、注意が必要です。

 

お金借りるときに必要なものって何?

お金が急に必要になったとき、キャッシングサービスを利用すれば、申し込みから短時間でお金を借りることができます。ただ、お金を借りる時に担保は必要なの?という疑問や、キャッシングに保証人は必要?という疑問がわいてきます。キャッシングの場合、高額な借り入れでなければ担保は必要ありませんし、保証人も必要ないところが多くなっています。

 

ただお金を借りるときには審査を受けなければならず、キャッシングサービスを提供している金融機関が独自で定めた審査になります。その審査を受けるために必要なものとして、身分を証明する免許証や健康保険証のコピーが必要になります。

 

そしてお金を借りるときに重要なのが、返済能力があるかどうかということです。そこで返済能力を確かめるために、給与明細や源泉徴収票のコピーを提出することが求められています。その2つの書類を提出し、今までに借り入れをしたときに返済が遅延した過去がない、他の金融機関から借り入れをしていないことが確認できれば、お金を借りることができる可能性が高くなります。

 

就職してすぐお金借りる場合の注意点

就職する時は色々なものを買うので、お金が足りなくなることがあります。そういう時はお金借りるといいですが、就職してすぐの場合は注意がいります。新しく働く時に入社をしてからならば、問題なく借入の手続きができます。しかし入社前だとまだ働いていないので、借入申請が難しくなります。

 

就職では入社前にお金が必要になりますが、そのタイミングではお金を借りづらいです。そういう点に注意がいりますけど、他の点でもよく考えておくべき所があります。仕事を見つけて入社した後に、お金を借りる場合は手続きが複雑になります。入社してすぐだと給料をもらっていませんので、収入の証明ができません。

 

更に申請をした時にかかってくる、会社への在籍確認の電話も問題になります。今まで何もしていなかった新入社員に、外部から電話がかかってくるのは変です。そういう問題点があるので、就職してすぐにお金借りる時は注意をしなければいけません。十分に問題に対応しておけば、仕事をしているので良い条件でお金を借りられます。